健康器具と健康サプリ

健康器具・健康サプリの評判・レビュー情報

今日健康への配慮の高まりから本当に色々な健康器具が販売されています。
私もあれこれ数多く試してきました。

そして健康を体の中から支えるサプリメントも数多く販売されています。それこそ今日ではこの成分が何に良いのかわからない、それだけでなく同じ成分を売りにしているけど本当にいい商品はどれなのか?

健康おたくの私でも、自分ひとりでは正直何が良くて何がいまちな割高の製品なのかもわかりません。

健康を考える私のお仲間さん、知人より色々な商品レビューをいただいておりますので、みなさんも参考にして活用していただければ嬉しいです。

時間をみつけホームページを更新していきますので、末永くよろしくお願いします。




  • サンドバッグ

  • 打撃系の格闘技を上達させるには、まず大事なのが実際にモノを打つ回数を増やすことです。シャドーやイメージトレーニングではなく、実際にものに当てることで、身体の使い方が変わってきます。そのためにはサンドバッグを買うことをお勧めします。サンドバッグ購入の際に注意するのは安物買いの銭失いにならないことです。しっかりとした品質のものを選ぶようにしましょう。品質と価格から、管理人も愛用しているファイティングロードのサンドバッグを お勧めします。また、打撃のパワーをアップさせるためにはやはり一にも二にも筋トレです。効率良く筋肉を肥大させるためにはプロテインを利用しましょう。続けるとかなりの出費になりますので、まとめて購入するのが賢い買い方ですね。前述のファイティングロードでは、プロテインキャンペーン実施中です。

    自宅の近くにボクシングジムがある方はぜひ一度いってみてください。アマチュアのボクサーが熱心に練習をしている脇で、ダイエットの為のボクササイズの教室があり、1回1コインで参加できるような事務が増えています。ダイエットとストレス解消の一石二鳥ということで若い女性にも人気です。
    サンドバッグを使うトレーニングは、パンチ、キックで腕と足を鍛えるだけでなく、1~2分間のバック打ちを数ラウンド繰り返すことで有酸素運動として脂肪を燃焼させる働きもあります。サンドバッグでトレーニングすることで、筋力トレーニング・有酸素運動とダイエットに効果的な運動をまとめてでき、退屈しないのも良いですね。

    しかし1~2分といえども、想像もつかないほどつらいで運動です。だいたい1分もたたないうちに腕と足が重くなり、途中でめげてしまいます。そこで考えたのが、サンドバッグを嫌いな上司に見立てる方法です(笑)今日言われた上司からの嫌味、憎たらしい顔を思い浮かべながら、右に左にパンチやキックをサンドバッグに打ちつけていきます。ぜひ生活に取り入れてみてください。

  • 胃痛とストレス

  • 空腹の状態が長時間続いたり、仕事などでストレスが溜まりすぎると胃が締め付けられるように痛くなることがあります。
    ストレス社会と言われる現代、胃痛は、誰もが起こりうる胃のトラブルです。
    ここで、上手に胃痛と付き合える改善法を紹介します。
    胃痛にはいくつかの原因がありますが、基本的には原因を抑えることが改善法と言えます。
    H2ブロッカー配合の胃薬は、胃酸過多に効果のある胃薬です。胃酸は、H2受容体という神経細胞の働きにより分泌されます。胃酸過多による胃の痛みは、H2ブロッカー成分を配合した胃薬を飲むことで、胃酸の分泌が抑えられ、痛みが軽減されます。
    胃に限らず、身体に負担が掛かり続けると、人は負荷に耐えられるようになる性質があります。胃酸をたくさん出さなければならない食事を長期間続けることにより、胃酸過多を引き起こし、胃の痛みが発生することがあります。そうならないためにも、胃にやさしい食事を心掛けることも、胃痛改善法の1つです。
    アニサキスが原因の場合は、アニサキスを駆除することが最善の改善法です。
    駆除には内視鏡を使います。そのため、自分では改善できないので、専門医の受診が必要です。
    その他にも、胃痛は大きな病気のサインである場合もあります。
    悩む前に専門医に相談することをおススメします。

    現在、癌のい某率トップが大腸だんと言われています。人間の腸は加齢とともに悪玉菌優位の腸内環境になるのは仕方のない事です。日頃より大腸環境を整えておくことは重要ですが、ある程度の歳になったら大腸内視鏡検査などを受けるのもいいことです。大腸内視鏡は部位が部位だけに怖いという方も多いと思います。実際に、やった人から「痛かった」なんて話を聞かれたかもしれません。でも、それって本当に上手な先生に当たってないだけなんですね。大腸内視鏡は経験がものをいうので上手な先生とそうでない先生がはっきり分かれます。上手な先生に当たりたい方がほとんどだと思いますのでこちらのサイトを紹介しましょう。是非、こちらでいいクリニックを見つけたら検査を受けてみましょう。

     >痛くない大腸内視鏡検査ができるクリニックガイド【東京版】

  • 乳がんについて

  • 映画『余命3ヶ月の花嫁』で、主人公が侵されていた病としても知られる乳がんですが、若い女性ほど進行が早く、リンパ節に近いため、転移の可能性も高いです。なるべく早期の発見を期待したいところですが、初期の乳がんは、症状がほとんどといっていいほどありません。しかし、自分で乳房を触って固いしこりのようなものを発見して病院を受診する女性も少なくありません。しこりといっても、癌でない場合がほとんどでありますが、定期的な検診を受けて置くと安心です。進行が進んでいくと、しこりの大きさもどんどん大きくなり、リンパ節への転移がみられるようになります。最終的には、肺や肝臓などの臓器に転移し、発熱、咳、息苦しい、などの症状もでてきます。治療法としては、癌部分の切除というのが一般的です。乳癌と聞くと、『おっぱいをとってしまう』と思っている女性の方もおられるかもしれませんが、近年では女性の精神的な面も考え、しこりの大きさに応じて最小限の切除をする方法がとられています。その他の治療法としては、できるだけ乳房を残す温存手術の場合、取り残した小さな癌が残っている場合があるので、その場合は放射線治療を行います。そしてもう一つは、抗がん剤治療があります。この方法は強い副作用があるので、綿密な治療計画が必要です。いずれにせよ、人により治療症状も様々であるので、定期的な検診が早期発見につながると考えます。

    また、乳がん検査の重要性については近年よく言われますが、やはり予防が重要です。発見されたとしても早期で発見されることが重要ですので、検査は必ず受けましょう。ただ、それで見つかったとしても怖がらないで下さい。乳がんはきちんとした治療をすれば治ります。多くの女性が乳がんを克服しています。乳がんの治療方法はさまざまでお医者様の指導の下、自分に合った治療方法を選ぶことが重要になります。どのような治療方法があるのか、詳しくは下記サイトをご覧下さい。

    乳がんの治療について


↑ページトップへ戻る